羽生、プルシェンコにもチャンにも勝った!新種目団体で日本好発進

[ 2014年2月7日 05:30 ]

フィギュア団体の男子SPで首位に立った羽生

 雪と氷の祭典、ソチ五輪は7日(日本時間8日午前1時14分)に開会式が行われる。開会式に先立って6日に競技がスタートし、フィギュアスケートの新種目・団体の男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦(19=ANA)がトップの97・98点をマーク。表彰台を狙う日本は順位点で10点を獲得し、好スタートを切った。

【競技結果】

 右手を突き上げ、誇らしげな表情で演技を締めくくった。19歳の若武者・羽生が浅田ら仲間が応援する中、鮮烈な五輪デビューだ。冒頭の4回転トーループを完璧に着氷すると勢いは加速。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)、3―3回転も着氷。99・84点の自己ベストに肉薄する97・98点で男子SPトップだ。

 初めて立った夢舞台のリンクで、憧れのスケーターと初めて激突した。羽生が五輪を意識したのは、02年ソルトレークシティー大会。ロシアのヤグディンとプルシェンコの壮絶な金メダル争いが、原点だった。「すごく夢を持つきっかけになった」。銀メダルのプルシェンコに強烈な刺激を受けて大ファンに。髪形もプルシェンコと同じマッシュルームカットにしていたこともある。

 前日(5日)、本番会場のアイスベルク・パレスで行われた公式練習。プルシェンコと同組で汗を流した。4―3回転のコンビネーションを軽々と決めるプルシェンコに対し、羽生も4回転サルコーや4回転トーループを完璧に成功。羽生がフリー「ロミオとジュリエット」をかけて演技している間、プルシェンコは真剣なまなざしで動きを追っていたが、19歳は冷静だった。「落ち着いて練習できた」。過剰な高ぶりはない。「ボクはボク。挑戦の気持ちを忘れないようにしたい」と静かに闘志を高めていた。

 初対面はソルトレークシティーから7年後の09年だった。06年トリノ五輪で金メダルを獲得した“ロシアの皇帝”は、アイスショー出演のため来日していた。通訳を呼んでもらい、少しだけ話すことができた。その時、かけてもらった言葉は今でも鮮明に覚えている。「俺を倒したら、おまえの時代だよ」――。競技会での初対戦となったソチ五輪。プルシェンコの地元・ロシアで、プルシェンコの言葉が現実になりそうな潜在能力を見せつけた。

 「日本代表で一番、若い選手として元気のいい滑りができたらいい。一生懸命やって、チームに貢献できたら」。フィギュア勢の先陣を任された19歳が、戦前の言葉通りの演技で日本は好スタート。バトンは確かに渡した。あとは、表彰台へ道がつながっていることを信じて、チームメートの演技に声援を送る。

 ▼羽生 凄い緊張しました。単純に喜びたいなと思います。本当にたくさんの方が応援してくださってるなという感覚があったし、自分も楽しんでできました。チームに貢献できるように、精いっぱい演技できたかなと。だいぶこのリンクに慣れてきたと思うので、個人戦に気持ちを切り替えられるようにしたい。

 ▽フィギュアスケート団体 今大会から採用の新種目。カナダ、ロシア、米国、日本、イタリア、フランス、中国、ドイツ、ウクライナ、英国の10カ国が出場。男子、女子、ペア、アイスダンスともに1位から順に10点から1点が与えられ、国別に得点合計を争う。SPの上位5カ国がフリーに進み、SPとフリーの合計得点(80点満点)で争う。2種目まではSPとフリーで異なる選手を起用できる。日本は女子SPで浅田、男子フリーで町田、女子フリーで鈴木の起用が確実視されている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年2月7日のニュース