カーママ小笠原 息子から激励受けた「獲ってきてよ」

[ 2014年2月7日 05:30 ]

ソチの空港に到着したカーリング女子代表の(左から)小野寺佳歩、船山弓枝、小笠原歩、苫米地美智子、吉田知那美

ソチ五輪 カーリング 女子

 カーリング女子日本代表の北海道銀行が6日、ソチ国際空港に到着した。選手パスを首に掛けたスキップ小笠原は「オリンピアンとして戻って来られてうれしい」と語った。

 4歳の長男からは五輪切符獲得の際のお守りとなったガッツ星人のフィギュアを渡され、「(メダル)獲ってきてよ」と激励されたという。7日の開会式で旗手を務めるママアスリートは「感極まらないようにしたい。(五輪の旗手は)一生に一度しかない。一歩一歩かみしめて歩きたい」と堂々とした行進を約束した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年2月7日のニュース