真央 9番目の登場 団体女子SP、リプニツカヤ、ワグナーらも出場

[ 2014年2月7日 16:51 ]

フィギュアスケート団体女子SPに出場する浅田真央

 ソチ五輪フィギュアスケート団体の8日の女子ショートプログラム(SP)に、浅田真央(中京大)が起用されると7日、発表された。出場10人中9番目に滑走する。

 現時点で団体戦首位のロシアはユリア・リプニツカヤ、2位のカナダはケイトリン・オズモンド、3位の中国は張可欣がエントリー。7位と出遅れた米国はアシュリー・ワグナー、8位のイタリアはカロリナ・コストナーを起用する

 また、滑走順はカナダ、中国、英国、ウクライナ、ドイツ、フランス、米国、ロシア、日本、イタリアとなっている。

 アイスダンスのショートダンス(SD)にはキャシー・リード、クリス・リード組(木下ク)が滑る。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年2月7日のニュース