団体主将は明子「最年長なので支える役割に」

[ 2014年2月7日 05:30 ]

ソチの空港に到着し、取材に応じるフィギュアスケート女子の鈴木明子

ソチ五輪 フィギュア

 フィギュアスケート団体の日本の主将はチーム最年長28歳の鈴木明子(邦和スポーツランド)が務めることが分かった。

 国際スケート連盟(ISU)が各チームで決定するように要望していた。大役を担う鈴木は「フィギュアでは最年長なので(チームを)支える役割になれたらいい」とソチ入り前に話していた。主将や副将は記者会見に出席する必要があり、日本の副将にはアイスダンスのクリス・リード(木下ク)が指名された。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年2月7日のニュース