皇帝が存在感 プルシェンコ自己ベストで地元熱狂

[ 2014年2月7日 05:30 ]

団体男子SP ロシアのプルシェンコの演技

ソチ五輪 フィギュア団体 男子SP

(2月6日)
 “ロシアの皇帝”が存在感を見せた。06年トリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコ(31)は、地元の大声援に乗ってほぼ完璧な演技を披露。冒頭の4―3回転のコンビネーションを決めると、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)、3回転ルッツとジャンプは全て成功だ。

 演技終盤は“どや顔”でステップを刻み、ファンを熱狂の渦に巻き込んだ。91・39点は10年欧州選手権でマークした91・30点を上回る自己ベスト。「滑りにはとても満足している。きょうはいい日になった。ロシアの選手には同じエネルギーで滑ってほしい」。団体で金メダルを狙うロシアに勢いをつけた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年2月7日のニュース