イ・ボミ、PO制し初優勝!19歳比嘉、史上最年少優勝逃す

[ 2013年9月15日 14:44 ]

<日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日>プレーオフを制し優勝杯にキスするイ・ボミ

 ゴルフの日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日は15日、北海道恵庭CC(6682ヤード、パー72)で最終ラウンドを行う予定だったが、悪天候のため中止。第3ラウンド終了時に通算11アンダーの205で並んだ2選手によるプレーオフで、25歳のイ・ボミ(韓国)が6ホール目で比嘉真美子を破って初制覇し、来年から3年のシード権を手にした。ツアーは今季初勝利、通算4勝目。優勝賞金は当初の75%の1890万円となった。

 19歳の比嘉は国内四大大会の史上最年少優勝を逃した。

 ともに5ホールでパーを重ねた後、比嘉が第1打を池に落としてダブルボギーとし、イ・ボミがパーで決着した。3位以下は第3ラウンドまでの成績で不動裕理が3位、原江里菜が4位だった。

 ▼イ・ボミの話 本当に緊張した。一打一打に集中したいと、それだけを考えていた。優勝は久しぶりだから本当にうれしい。これから大きな試合も続くし賞金女王を目指して頑張りたい。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年9月15日のニュース