松田 100自8位に悲壮、11月W杯東京大会に進退懸ける

[ 2013年9月15日 06:00 ]

国民体育大会

(9月14日 東京辰巳国際水泳場など)
 成年男子100メートル自由形で松田は、8位に終わった後、11月のW杯東京大会について「そこでいい結果を出さないと(競技を)続けるのは難しいと思っている」と進退を懸ける覚悟で臨む考えを明かした。男子200メートルバタフライで五輪2大会連続の銅メダルを獲得した29歳の松田は、今年は世界選手権で決勝進出を逃すなど不振。「スポンサーさんは世界で戦うことに対して支援してくれている。まだやれるというところを見せたい」と決意を口にした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年9月15日のニュース