吉田14大会連続世界一へ手応え 世界選手権へ出発

[ 2013年9月15日 06:00 ]

 レスリング世界選手権(16~22日、ブダペスト)に出場する女子55キロ級の吉田沙保里(30=ALSOK)らが出発前の成田空港で取材に応じ、五輪3連覇と合わせた14大会連続世界一に挑む吉田は「ロンドン五輪と違い、調子も上がってきた」と手応えを口にした。

 20年東京五輪招致と同五輪でのレスリングの実施競技存続に尽力した吉田は「3つの目標をかなえるため、あとは自分が優勝するだけ」と意気込んだ。8度目の優勝を狙う女子63キロ級の伊調馨(29=ALSOK)は「レスリングが存続し、すがすがしい気持ち。今まで以上に魅力を日本中、世界中の皆さんに伝えたい」と意欲をのぞかせた。

 日本協会の福田富昭会長は、日本が金メダル数国別3位を目指す20年東京五輪は「30個の金メダルが必要。レスリングで7、8個は稼がないと」と目標を掲げた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年9月15日のニュース