萩野 100背で0秒05差届かず無念2位「鍛え直したい」

[ 2013年9月15日 06:00 ]

軽快に泳ぐ萩野だったがわずかな差で2位に終わった

国民体育大会

(9月14日 東京辰巳国際水泳場など)
 成年男子100メートル背泳ぎは、万能スイマーがタッチの差で優勝を逃した。終盤にトップに迫った萩野だったが、1位の白井に0秒05及ばず「最後にかき急いでしまったのが駄目だった」と唇をかみしめた。26秒64で折り返した前半も「泳ぎがガチャガチャしていた」とうまく水を捉えられず、目標とする25秒台で入れなかった。「改善点はたくさんある。また鍛え直したい」と19歳は向上を誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年9月15日のニュース