圧力に屈した臥牙丸「止められると思ったけど…」

[ 2011年9月22日 19:37 ]

大相撲秋場所12日目

(9月22日 東京・両国国技館)
 臥牙丸は琴奨菊に完敗だった。右の喉輪が不十分で相手の出足を止めることができず、「腕が伸びたら何とかなった。止められると思ったけど、圧力がすごかった」と、199キロの巨体の肩をすぼめた。

 連勝が10で止まり「しょうがない」とは言うが、前日の把瑠都戦の勝利で自信を持って臨んだだけに悔しさがにじみ出た。13日目は全勝の白鵬に土をつけた稀勢の里と顔を合わせる。「頑張ります」と、短い言葉で気合を注入した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2011年9月22日のニュース