支度部屋でこみ上げてきた臥牙丸 重病の母にささげる10勝目

[ 2011年9月22日 10:19 ]

<秋場所11日目>把瑠都と激しく張り合う臥牙丸(左)
Photo By スポニチ

大相撲秋場所11日目

(9月22日 両国国技館)
 グルジア出身の平幕・臥牙丸が大関・把瑠都を送り出しで破って10勝目を挙げた。

 故郷グルジアで重病と闘う母ニノさん(49)にささげる勝利だった。

 6年前の入門後に母は重い糖尿病を患い、それ以来1週間に3~4回病院に通院する日々。取組をテレビで見ることは可能だが臥牙丸によると「1度、取組を見ていたら興奮して倒れたから、それ以来見られなくなった」という。

 「パソコンで結果を見ている兄が伝えてくれているはず」。支度部屋では胸に熱いものが込み上げ、目を潤ませた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年9月22日のニュース