隆の山、無念の負け越し「今日の相撲がすべて。力不足」

[ 2011年9月22日 19:40 ]

大相撲秋場所12日目

(9月22日 東京・両国国技館)
 人気の新入幕、隆の山は旭天鵬に寄り倒されての負け越しに「粘るのではなく、攻めた方が良かった。今日の相撲がすべて。力不足」と強く唇をかんだ。立ち合いで正面から挑むが、関取最軽量の98キロは左四つで組み止められる。つりには内掛けで耐え、土俵際ではうっちゃりも繰り出したが及ばなかった

 西前頭15枚目。幕内残留のためには一つでも多くの白星を重ねたい。「稽古して九州場所ではもっと強い相撲を見せたい。そのためにも次につながる相撲を取る」と残り3日に悔しさをぶつける。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2011年9月22日のニュース