リーチ マン・オブ・ザ・マッチも敗戦にぐったり

[ 2011年9月22日 06:00 ]

<日本―トンガ>前半、トライを決めるリーチ

ラグビーW杯1次リーグA組 日本18-31トンガ

(9月21日 ファンガレイ)
 フランカー、リーチが負けチームながらマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。

 前半14分にトンガのCTBピウタフの独走トライになりそうなピンチを必死に戻って防ぎ、5―12で迎えた同26分にはトライを決めた。豊富な運動量で攻守に動き回り、ノーサイドの瞬間は力尽きたかのようにへたり込んだ。「マン・オブ・ザ・マッチはサプライズでした。トンガは予想以上に激しかった」。声にも力がなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2011年9月22日のニュース