白鵬が稀勢の里に敗れ初黒星…大関とりの琴奨菊10勝目

[ 2011年9月22日 18:45 ]

稀勢の里に小手投げで敗れた白鵬

 大相撲秋場所12日目は22日、東京・両国国技館で行われ、全勝の横綱白鵬が関脇稀勢の里に小手投げで敗れて初黒星を喫した。稀勢の里は9勝3敗。大関昇進を目指す関脇琴奨菊は平幕の臥牙丸を寄り切って連敗を免れ、10勝2敗とした。ただ一人1敗だった臥牙丸が2敗に後退したため、白鵬の単独トップは変わらなかった。

 大関把瑠都は関脇鶴竜に上手出し投げで敗れて4敗目。鶴竜は6勝6敗。大関日馬富士は栃煌山を押し出して勝ち越した。

 1敗の白鵬を2敗で琴奨菊、北太樹、臥牙丸の3人が追う展開。十両は妙義龍と松谷が10勝2敗でトップに並んでいる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年9月22日のニュース