大貫 日本勢で最高点をマーク「3日間の中で一番すっきりできた」

[ 2011年9月22日 09:40 ]

大貫友梨亜のクラブの演技

新体操世界選手権第3日

(9月21日 フランス・モンペリエ)
 大貫はこの日、日本勢で最高点をマークした。得意の高速で回転するピボットを披露すると、会場からは大声援。躍動感のある演技に「3日間の中で一番すっきりできた。伸び伸びできた」と納得の笑顔だった。

 前日までの2種目は「何となく手探りでやっていた。いつもの調子がつかめなかった」という。ようやく調子は上向き、2年連続の決勝進出へ「パーフェクトにできる努力を最後までしたい」と表情を引き締めた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2011年9月22日のニュース