失敗繰り返さない琴奨菊「いい相撲を取れて良かった」

[ 2011年9月22日 19:26 ]

大相撲秋場所12日目

(9月22日 東京・両国国技館)
 琴奨菊は、終盤に平幕相手に2連敗した先場所の失敗を繰り返さなかった。関取最重量の臥牙丸を鋭い当たりから寄り切り。先場所はその2連敗で大関とりを逃し「心のどこかにそれがあった。緊張したけど、いい相撲を取れて良かった」と、大きく息をついた。

 栃煌山に敗れた11日目の夜。台風の影響で大渋滞に巻き込まれ、千葉県の佐渡ケ嶽部屋まで3時間半も車中にいた。「あれで、ゆっくり考えることができた。いい時間だった」と、気分転換に有効利用できたという。

 これで関脇で4場所連続の2桁勝利をマーク。大関昇進の目安となる3場所で通算33勝に、残り3日間であと2勝とした。13日目の白鵬戦の後は2大関との対戦が確実だが、「明日は思い切りやるだけです」と、横綱戦に向けて集中した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年9月22日のニュース