予選通過ギリギリの位置 ミス犯した山口「緊張してしまった」

[ 2011年9月22日 09:36 ]

山口留奈のクラブの演技

新体操世界選手権第3日

(9月21日 フランス・モンペリエ)
 日本勢トップの山口は序盤の投げ技でクラブを落とすなどミスを犯した。得点を思うように伸ばせず、19歳は「うまくやりたいという気持ちが大きくて緊張してしまった」と肩を落とした。

 6月の試技会では一番乗りで今大会の代表入りを決めた。前回大会は29位で決勝進出を逃したが、3種目を終えて各国・地域2人までの順位で24位と予選通過ギリギリの位置にいる。22日の最後の種目、リボンに向け「技のことを考えずに曲に入り込んで演技したい」と立て直しを誓った。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2011年9月22日のニュース