番付外から十両復帰の“苦労人”北勝国が勝ち越し

[ 2011年9月22日 06:00 ]

大相撲秋場所11日目

(9月21日 両国国技館)
 史上初めて番付外から十両に復帰した“苦労人”北勝国が妙義龍をかいなひねりで破り、勝ち越しを決めた。

 08年春場所で新十両に昇進したが、右手首の骨折で3度の手術を経験。09年夏場所からは1年以上も休場が続き、昨年秋場所では番付から自分のしこ名が消えた。腐りそうにもなったが、地元・山形県鶴岡市の後援会や師匠らの激励が支えとなりカムバック。十両で初の給金直しを決め「じわじわと実感が湧いてきた。諦めずにやれば報われる。後輩のためにも頑張りたい」と感無量の様子だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2011年9月22日のニュース