遼くん人気健在!プロアマに最多観客

[ 2009年4月30日 06:00 ]

<中日クラウンズ・プロアマ戦>ファンのサイン攻めにあう石川遼(中

 遼くん人気は不況知らず!男子プロゴルフの中日クラウンズは30日、愛知・名古屋GC和合Cで開幕する。29日はプロアマ戦が行われたが、大会の記録が残っている90年以降では最多の7623人の観客が集まり、多くが石川の組に集中した。

 練習ラウンドとプロアマ戦は入場料が昨年の2倍の2000円に値上げされたが、この日は休日ということもあり昨年の3061人から大幅アップ。試合期間中と異なりサインの制限や写真撮影に歯止めがかけられないため、ホール間の移動の際にサインをもらおうとファンが殺到するなど混乱もあった。

 それでも石川は「フェアウエーの両サイドに大勢のギャラリーがいて緊張感を持ってラウンドできたのは良かった」と前向き。前週のつるやオープンではショットの不調に苦しみ予選落ちしたが、この日フェアウエーを外したのは3ホールだけと内容は上向き。左ドッグレッグの16番、367ヤードのパー4では第1打を3Wでショートカットしてグリーン右手前20ヤードまで運んだ。

 「スイングのリズムが良くなってきた。きょうと風が同じなら狙いたい」と1番パー4と同じように2ホールでの1オン狙いを宣言。「今週は1日1アンダーが目標」と意気込みを語っていた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2009年4月30日のニュース