地球環境保護を訴え日馬富士ら植樹

[ 2009年4月30日 06:00 ]

 大相撲の伊勢ケ浜部屋の力士が29日、神奈川・秦野市の神奈川病院敷地内の山林で開かれた「千年の杜いのちの森づくり植樹祭」(毎日新聞社など共催)にボランティアで参加した。出雲大社相模分祠(ぶんし)らが推進する地球環境保護運動に日馬富士、安美錦らが賛同。約1000人の参加者らとともに約8000本の苗木を植樹した。日馬富士は「自然を大切にしなきゃ。こういうのも楽しいね」と晴れやかな表情を見せていた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2009年4月30日のニュース