元日本コーチの友松氏、シンガポール指導

[ 2009年4月30日 22:24 ]

 シンクロナイズドスイミングでアテネ五輪日本代表のコーチを務めた友松由美子氏がシンガポール代表のコーチに就任し、5月2日開幕のジャパン・オープン(東京)に参加することが30日、分かった。

 友松氏はシンガポール水連から要請を受け、2月初めから代表チームを指導。今夏の世界選手権(ローマ)にはチームとデュエットに出場する予定という。シンガポールは、昨年のジャパン・オープンではチームで出場した26のクラブ、国の中で最下位だった。
 友松氏はアテネ五輪後は日本代表を離れ、所属していたクラブの指導に専念。北京五輪に向けては2007年に一度は代表コーチとなったが、08年4月に辞任していた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2009年4月30日のニュース