×

上田が出場45分でハット!!! 荒木との“鹿島ライン”から得点も 最後のアピール機会で猛チャージ

[ 2022年1月22日 05:30 ]

<日本代表候補・流通経大>自身3点目のゴールを決める上田(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 W杯アジア最終予選(27日中国戦、2月1日サウジアラビア戦)に向けた国内組による日本代表候補合宿は最終日の21日、千葉市内で流通経大と練習試合(45分×2本)を行い、7―0で勝利した。

 上田は最後のアピール機会で猛チャージだ。主力組が退いた後半スタートから出場し、開始10分でゴール。27分、45分にも立て続けに得点し、45分間でハットトリック。「動きだしという武器を前面に出していきたい」という言葉通り、鹿島のチームメートMF荒木との“ホットライン”でも得点を挙げ、A代表入りへ望みをつないだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年1月22日のニュース