×

名古屋の22年第1号はMF仙頭がゲット 鳥栖から移籍し、いきなり弾「結果を残せたこと良かった」

[ 2022年1月22日 18:33 ]

練習試合   名古屋3ー0中京大(30分×4本) ( 2022年1月22日 )

CKを蹴る名古屋MF仙頭
Photo By スポニチ

 名古屋は22日、長谷川健太新監督就任後初の対外試合を行った。中京大と練習試合(30分×4本)で3―0の貫禄勝ち。鳥栖から今季加入し“チーム第1号ゴール”となる先制点を挙げたMF仙頭啓矢は守備時のハメ方を課題に挙げつつも「自分としては結果を残せたことは良かった」と笑顔を見せた。

 昨季はJ1リーグ全38試合出場で3得点2アシスト。中盤ならばどのポジションでも可能で、この日もトップ下とボランチの両方でプレーして攻撃陣を操った。「複数のポジションができるのは強み。ただ平均的にはならず、平均以上でやっていきたい。ボランチでプレーする時はセンターバックとのコミュニケーションが特に大事になる」。技術や戦術眼に優れる万能MFは、24日から始まる沖縄キャンプでのさらなる連係強化に意気込んだ。
 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年1月22日のニュース