五輪初ゴール狙う堂安“省エネ作戦”でメキシコに対抗だ

[ 2021年7月25日 05:30 ]

笑顔を見せる堂安(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 東京五輪男子サッカー代表MF堂安は“省エネ作戦”を打ち出した。「個人の能力も高い上にハードワークできる」とメキシコの豊富な運動量を警戒。「ハードワークのところで負けてはいけないけど、やはりボールを保持したほうが、省エネじゃないけど、最後にラスト2、3分でパワーを使える」と相手を疲れさせた上で、仕留めるイメージを語った。

 10番を背負った6月の親善試合以降5戦5発。「名前は気にせずぶち抜いてやろうと思います」と自身の五輪初ゴールを狙う。画面越しに見た前日の開会式では「野球が好きなので、王さんとか長嶋さんとか少し感動した」と聖火ランナーを務めた「ON」の姿に刺激を受けたMFが、準々決勝進出へチームに火をつける。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年7月25日のニュース