田中碧 メキシコ戦でも決定的な仕事で勝利貢献「自分たが指導権を握れる自信もある」

[ 2021年7月25日 22:51 ]

東京五輪男子サッカー・1次リーグA組   日本2―1メキシコ ( 2021年7月25日    埼玉スタジアム )

<日本・メキシコ>前半、田中のプレー(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 男子サッカーのU―24日本代表MF田中碧(20)が、2―1で勝利したメキシコ戦で、2戦連続となる決定的な仕事を果たした。

 1―0で勝利した初戦の南アフリカ戦では、正確な右クロスで久保の決勝弾をお膳立て。この日は後半23分に堂安に絶妙なスルーパスを遠し、ファウルで堂安を止めた相手DFを一発退場に追いやった。これにはフル出場で勝利に貢献した成長著しいボランチも「何とか(堂安)律に通して退場させられたんで、そこは自分の中で最低限の仕事はできたかなと思います」と冷静に振り返った。

 また試合全体に関しては「自分もチーム全体も、もっともっとできると思う。自分たちが指導権を握れる自信もある。自分たちのサッカーを捨てて勝ちに行くというよりは、自分たちがやりたいことをやって、勝てるようなチームではあると思う。そこはもっと追求できれば良いなとは思っています」と、予選突破が懸かる28日のフランス戦(日産ス)を見据えてた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年7月25日のニュース