森保監督「選手たちは自信を持ってファイトしてくれた」 快勝に手応えも視線は次戦へ「最善の準備を」

[ 2021年7月25日 22:25 ]

東京五輪男子サッカー・1次リーグA組   日本2―1メキシコ ( 2021年7月25日    埼玉スタジアム )

<日本・メキシコ>後半、試合を見守る森保監督(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 男子サッカーのU―24日本代表は25日、東京五輪1次リーグA組第2戦でU―24メキシコ代表と対戦し、2―1で勝利した。前半6分、MF久保建英(20=Rマドリード)の今大会2戦連発となるゴールで先制すると、5分後にはMF堂安律(23=PSV)がPKをきっちり決めて追加点。2連勝でA組単独首位に浮上し、決勝トーナメント進出へ王手をかけた。

 森保監督は試合後、「選手たちの技術力を生かすためにも、ひとりひとりが球際のところで戦って局面で勝っていく、個の頑張りをチームとしてつなげていこうということ。いい守備からいい攻撃に、ということで試合に臨んでくれました」と戦前の狙いを説明。そして「FIFAランク的にはメキシコが我々より上位にいますけど、選手たちはどんな相手と戦っても“同じ目線で自分たちはやれる”という自信を持ってファイトしてくれた」と選手たちの奮闘を称えた。

 前半12分までに2点のリードを奪ったことで「受ける時間帯もあった」としつつ、「選手たちが積極的にゴールに向かって戦えたのは選手の自信かな」と振り返った指揮官。28日のフランスととの1次リーグ最終戦へ向けて「まだ決勝トーナメント出場が決まったわけではない。今日の勝利で選手たちの頑張りを称えながらも、次の戦いに向けて最善の準備をするということで選手たちには切り替えてほしい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年7月25日のニュース