なでしこ、人種差別に抗議の“片膝つき” 「話し合ってチーム全員で決めた」

[ 2021年7月25日 05:30 ]

東京五輪第2日 女子サッカー1次リーグE組   日本0ー1英国 ( 2021年7月24日    札幌ドーム )

<日本・英国>キックオフ前、英国イレブンとともに片膝をつく長谷川(左)ら日本イレブン(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 女子サッカー、日本―英国戦で、両国の選手が試合開始前に片膝をつき、人種差別への抗議の意を示した。今大会は政治的、宗教的、人種的な宣伝活動を禁じる五輪憲章第50条の規制が一部緩和。英国は21日の初戦チリ戦でも実施しており、DF熊谷は「英国の選手たちのアクションに対して、リスペクトという意味で私たちもやろうということはチーム全員で話し合って前日に決めた」と経緯を明かした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年7月25日のニュース