イングランド白星発進 18年W杯準決勝のリベンジを果たす

[ 2021年6月14日 10:06 ]

欧州選手権1次リーグD組   イングランド1―0クロアチア ( 2021年6月13日    ロンドン )

得点を挙げて喜ぶイングランドの選手達(AP)
Photo By AP

 イングランドが18年W杯ロシア大会準決勝で敗れたクロアチアに競り勝った。後半12分にFWスターリングが均衡を破る決勝点を挙げた。マン・オブ・ザ・マッチに選ばれたヒーローは「得点できていい気分。いつか主要大会に出場してウェンブリーでプレーできればゴールを決めないと、と繰り返し言ってきたことがようやく実現できて素晴らしい」と満足げ。1次リーグ制採用以降、初戦は5分け3敗と苦戦してきたイングランドだけに「白星で開幕を飾ることが最高だよ」と笑った。

 ガレス・サウスゲート監督は競り合う展開にも「大一番でうだるような暑さ。ナーバスになってもおかしくない状況だったが、そうはならなかった。早い時間帯で落ち着くことができて満足している。常に我々の方が優位だった」と振り返った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年6月14日のニュース