長友佑都だからこそ言える仲間への注文 「もっとギラギラしていい」「強い意思持って」

[ 2021年6月14日 17:11 ]

日本代表・長友(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 日本代表DF長友佑都(34)が14日、オンライン取材に対応し、森保ジャパンに“ギラギラ感”を求めた。

 08年北京五輪世代が中心だった時のA代表を「僕らの世代はキャラが濃かった。癖が強い選手がたくさんいたし、喧嘩になることもあった」と引き合いに出しながら、「その時と比べたらもっとギラギラしていい」と自己主張の重要性を強調。そのうえで「もっと自分の意見をぶつけていいし、ピッチの中なら多少言い合いになってもいい。それくらい強い意思を持ってほしい」と要求した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年6月14日のニュース