原口 15日キルギス戦へ背水の覚悟 「生きるか死ぬか。最後のチャンスに懸けて」

[ 2021年6月14日 05:30 ]

ダイビングヘッドでシュートを放つ原口(撮影・篠原 岳夫)
Photo By スポニチ

 15日にW杯アジア2次予選最終戦キルギス戦(パナスタ)を迎える日本代表MF原口が13日、背水の覚悟を示した。

 4試合中先発は2度で、無得点。「前線には良いタレントがいる。生きるか死ぬか。最後のチャンスに懸けて、結果を残したい」と気持ちを高めた。

 クラブでは主にトップ下だが、森保ジャパンでは左サイドが主戦場。南野だけではなく、9月からのアジア最終予選ではU―24代表組の三笘や相馬がいる。この日は吹田市内で行われた75分間の練習では多様な角度からシュートを決めるなど、集中力を高めていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年6月14日のニュース