徳島は痛恨逆転負けで4連敗…ポヤトス監督はまたもリーグ戦初勝利ならず

[ 2021年5月9日 17:11 ]

明治安田生命J1第13節   徳島1-2札幌 ( 2021年5月9日    鳴門大塚 )

徳島・ポヤトス新監督

 徳島はホームで逆転負けを喫し、リーグ4連敗となった。前半アディショナルタイムにCKからFW宮代大聖(20)が今季5得点目となる先制点。だが後半11分に札幌FWアンデルソン・ロペスに同点弾を決められると、同33分にはGK上福元直人(31)とDFドゥシャンの連係ミスから再びアンデルソン・ロペスに叩き込まれた。

 終盤には1メートル84の長身FW佐藤晃大(34)を投入して2トップに変更。パワープレーなどで押し込んだが、同点に追いつくまでには至らなかった。4月17日・鹿島戦から指揮を執るダニエル・ポヤトス監督(42)のリーグ戦初勝利は、またしてもお預け。次戦は敵地・広島戦(15日)となる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年5月9日のニュース