神戸 フェルマーレンのOGなど2失点で9試合ぶり黒星 イニエスタら豪華攻撃陣は不発

[ 2021年5月9日 15:10 ]

明治安田生命J1第13節   神戸0-2横浜 ( 2021年5月9日    日産ス )

<横浜・神戸>後半途中出場の神戸・イニエスタ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 神戸はアウェーに乗り込んだ横浜戦に0―2で敗れ、9試合ぶりの黒星となる今季2敗目を喫した。

 序盤は互角の戦いとなりながら、徐々に主導権を握られ、迎えた前半41分だった。横浜DFティーラトンが送った左クロスをニアサイドで日本代表GK前川が弾き損ね、やや軌道が変わったボールをベルギー代表DFフェルマーレンが処理しきれずオウンゴール。まさかの失点で先制を許した。

 反撃に出るため、後半開始から元U―20ブラジル代表FWリンコン、同14分からは元スペイン代表MFイニエスタ、ケニア代表FWマシカを投入。1トップにリンコン、トップ下にイニエスタ、左に日本代表FW古橋、右にマシカを配置し、豪華な攻撃陣が形成された。

 同32分にはイニエスタの巧みなスルーパスに古橋が反応。最終ラインから飛び出して左しシュートを放ったが、これはゴール左に外れた。その3分後の35分、GK前川のビルドアップがミスとなり、これを起点に追加点を献上。リードを広げられた。

 FWドウグラスを除く外国籍選手を送り込みながらも、神戸にとって3試合ぶりとなる無得点に終わり今季2敗目。上位対決を制することはできなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年5月9日のニュース