FC東京、決勝Tへ前進 レアンドロ&安部が決めた「絶対に負けられなかった」

[ 2020年11月28日 05:30 ]

アジアチャンピョンズリーグ・1次リーグF組   FC東京2ー1上海申花 ( 2020年11月27日    カタール・ドーハ )

<FC東京・上海申花>攻め込むFC東京・安部(ゲッティ=共同)
Photo By ゲッティ=共同

 1次リーグ第4戦が27日に行われ、FC東京は上海申花(中国)と対戦し、2―1で勝利した。後半16分、ブラジル人MFレアンドロ(27)が流れを引き寄せる先制弾。同37分には東京五輪世代のMF安部柊斗(22)が追加点を奪い、勝ち点7に伸ばしてF組2位に浮上した。12、16年に続く3回連続決勝トーナメント進出に向け、大きな1勝となった。

 FC東京が決勝トーナメント進出に向け、大きな勝ち点3を手にした。前半は得点を奪えず0―0で折り返したが、ハーフタイムの長谷川監督の「何度もチャンスをつくることができている。東京のサッカーで1点を取ろう」という言葉に選手たちが応えた。後半16分、レアンドロが右足でゴールネットを射抜いた。MF東からのパスをペナルティーエリア左に走り込みながら受け、相手GKの位置を冷静に見極めた。

 大会再開後の初戦となった24日の上海申花戦は0―1で敗戦。中2日でのリベンジを誓い、チーム一丸となって有言実行した。1―0となった後半37分にはMF安部が「今日の試合が大一番だと監督も言っていて、絶対に負けられなかった」と気持ちのこもった追加点。1点を返されたが、しっかりと勝ちきって勝ち点7とし、決勝トーナメント進出圏内の2位に浮上した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年11月28日のニュース