横浜、4戦目で今大会初黒星 クラブ史上初の決勝T進出は次節以降に持ち越し

[ 2020年11月29日 01:11 ]

ACL1次リーグH組   横浜1―2上海上港 ( 2020年11月28日 )

<横浜―上海上港>前半、攻め込む横浜・仲川
Photo By 共同

 1次リーグ第4戦が28日に行われ、H組の横浜は上海上港(中国)に1―2で敗れた。一時はFWオナイウのゴールで同点に追いついたが、4戦目にして今大会初黒星。クラブ史上初の決勝トーナメント進出決定は次節以降に持ち越しとなった。

 3日前と同じ対戦相手。連勝、もしくは引き分けでクラブ史上初の1次リーグ突破が決まる一戦だった。先発は8人を変更。前半は1―1で折り返したが、後半、元ブラジル代表MFオスカルらを一気に3人投入した上海上港から10分に決勝点を奪われた。

 敗れたが、指揮官も選手も内容には手応えをにじませた。「結果的には本当に残念だが、選手は素晴らしいプレーをピッチ上で見せてくれた」とポステコグルー監督。主将マークを巻いたMF喜田も「結果だけを見れば負けましたし相手も喜んでいましたけど、自分たちは自分たちの目指すべきサッカーを出しにいって結果負けた。そこに関して後悔はないし、あとはその質を上げていくだけ」と前向きに捉えた。

 一方で、守備陣の間を突破され、オスカルとのワンツーでFWリカルドロペスに決勝点を決められたシーンは各自が反省。FW前田は「僕自身もそうですけど、強く(寄せに)いかないとああいうふうにやられる」と振り返り、DF高野も「こういう大会ではああいうところを締めていくところが重要になる」と修正を誓った。12月1日の次節・全北(韓国)に引き分け以上で決勝T進出が決まる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年11月28日のニュース