仙台 菊池社長が退任 後任は元ゆうちょ銀行の佐々木知広氏

[ 2020年11月28日 05:30 ]

 仙台は臨時取締役会を開き、菊池秀逸社長が退任し、元ゆうちょ銀行の佐々木知広氏を後任に決めたと発表した。

 12月14日の臨時株主総会、臨時取締役会を経て交代する。菊池社長は会見で「このままでは経営再建に必要なサポーターやスポンサーら関係者の迅速な信頼回復、チーム強化に支障を生じかねない」と説明。今年度決算で見込まれる約3億円の債務超過、所属選手の交際女性とのトラブル、最下位に沈むチーム成績の責任をとって退任を決断したと明かした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年11月28日のニュース