【28日J1見どころ】ホーム8連勝中の3位名古屋 勝って2位G大阪にプレッシャーかけられるか

[ 2020年11月28日 11:00 ]

FC東京戦の後半ロスタイム、マテウス(中央)は決勝ゴールとなるPKを決め、イレブンから祝福を受ける
Photo By スポニチ

 サッカーJ1はきょう28日、第30節の2試合が開催される。25日に川崎Fの優勝が決まり、焦点は天皇杯出場権(2位以上)、来季ACL出場権(原則3位以上)をかけた上位争いに移された。

 2位のG大阪を勝ち点3差で追う3位の名古屋は、ホームのパロ瑞穂で11位の大分と戦う。名古屋は現在、ホームで8連勝中(パロ瑞穂、豊田ス各4勝)。FW金崎と山崎を故障で欠く中で、2戦連発中のMFマテウスが攻撃の柱となっている。翌29日に試合のあるG大阪に勝ち点で追いつき、プレッシャーをかけておきたい。

 7位の広島は、13位の札幌をホームに迎える。広島はここ7試合負けなし。9試合連続1失点以下と守備が安定し、順位をするすると上げてきた。前試合を欠場した守備の要のDF佐々木、荒木が戦列に復帰する見込み。勝利で勝ち点を50に乗せ、混戦模様の上位争いに加われるか。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年11月28日のニュース