J試合会場、30日からアルコール提供解禁 コロナ対策ガイドライン改定

[ 2020年10月21日 05:30 ]

 Jリーグは20日、新型コロナウイルス感染予防対策のガイドライン改定を発表した。10月30日以降は主管クラブの判断によって、試合会場におけるアルコールの提供が解禁となる。

 また来季に向けた事前合宿について、原則は1人部屋で、2人部屋の場合は合宿前に加え隔週でのPCR検査が必須となり、施設は一般客との動線分離など条件を満たした場合のみ許容されると定められた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年10月21日のニュース