国内リーグは低迷も…マンU、敵地でパリSG撃破 指揮官「完全に自分たちのフォームを取り戻した」

[ 2020年10月21日 18:29 ]

欧州チャンピオンズリーグ1次リーグH組   パリ・サンジェルマン1―2マンチェスター・ユナイテッド ( 2020年10月20日    パリ )

パリSGのキンペンベ(下)と激しく競り合うマンチェスターUのラッシュフォード(AP)
Photo By AP

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)が20日に開幕。各地で1次リーグ8試合が行われ、H組でマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)がアウェーで昨季準優勝のパリ・サンジェルマン(フランス)を2―1で破った。

 国内リーグで15位と出遅れたマンチェスターUが、不振を払拭する白星を挙げた。前半23分、FWマルシャルが得たPKをMFフェルナンデスが右隅に決めて先制。1―1の後半42分にFWラッシュフォードが低く鋭いミドルシュートを左隅に突き刺し、これが決勝点となった。

 好セーブを連発したGKデヘアを中心に、FWネイマール、FWエムバペを擁する相手攻撃陣をオウンゴールの1点だけに抑えた。国内リーグは開幕4試合で2勝2敗の勝ち点6で15位に低迷。スールシャール監督は「完全に自分たちのフォームを取り戻すことができた」と巻き返しを見据えた。

 パリ・サンジェルマンは欧州CLのホームで2004年以来16年ぶりの黒星を喫した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年10月21日のニュース