仙台、Jリーグに「両者和解」報告も“実相とかけ離れていた”

[ 2020年10月21日 05:30 ]

仙台、MF道渕と契約解除

Jリーグの村井満チェアマン
Photo By スポニチ

 Jリーグは20日、都内で臨時実行委員会を開催した。冒頭でJ2新潟、仙台と相次いだコンプライアンス案件について情報を共有。新潟の是永社長から謝罪もあったようでオンラインで対応した村井チェアマンは「コロナ禍で少しでもJリーグが希望の存在になろうとやってきた中、地域の方々の期待を裏切る形となり本当に残念」と肩を落とした。

 選手の酒気帯び運転が発覚した新潟は事案発生から公表まで約1カ月を要しており、村井チェアマンは「Jリーグ規約の報告義務に違反していないか判断する」とまずはクラブからヒアリングする方針。その上で裁定委員会に諮って最終的な処分を決定する見通しだ。仙台からは9月に両者が和解したと報告を受けたというが、把握していた内容と実相とはかけ離れていたという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年10月21日のニュース