アーセナル・エジル 欧州Lに続きプレミアも登録メンバー外に 年俸はチーム最高25億円

[ 2020年10月21日 16:08 ]

アーセナルの元ドイツ代表MFエジル(AP)
Photo By AP

 イングランド・プレミアリーグのアーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジル(32)が、20日に発表された今季リーグ戦の登録メンバー(25人)から外れた。既に欧州リーグの登録メンバー(25人)からも外れていた。

 ドイツ代表で2014年W杯優勝メンバーだったエジルは、2013年に移籍金4250万ポンド(約58億円)でスペイン1部レアル・マドリードから加入。公式戦254試合で44ゴールをマークし4度のFA杯優勝に貢献したが、公式戦出場は3月7日の昨季プレミアリーグ第29節ウェストハム戦が最後となっていた。本人は8月に現地メディアで「難しい状況だが、俺はアーセナルを愛してる。いつ出て行くかは他人ではなく自分が決める。クラブのために自分の持っている全てをささげる」とコメントし、契約の切れる来年6月までアーセナルにとどまる意向を示していた。

 在籍8シーズン目となる今季は契約最終年で、年俸はチーム最高の週給35万ポンド(約4800万円=年俸換算で約25億円)。クラブは放出を望んでいるものの、今月にサウジアラビア1部アルナスルからの獲得オファーはエジルが拒否したと報じられていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年10月21日のニュース