柏・オルンガもう15発目!昨季得点王仲川らに並んだ「チームメートのおかげ」

[ 2020年9月10日 05:30 ]

明治安田生命J1第15節   柏3―0G大阪 ( 2020年9月9日    三協F柏 )

前半、柏・オルンガはゴールを決める(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 開始から柏の“怪物”は全開だった。0―0の前半2分。FWオルンガがDF古賀の縦パスに抜け出すと、相手ディフェンスのスライディングも物ともせず、豪快に左足を振り抜いた。“計画休養”を挟み、3試合ぶりの公式戦で先制弾。「最初からハイプレスでいこうと話していた。素晴らしいパスから得点を決めることができた」と感謝した。

 今季出場14試合目でリーグ単独トップを独走する15点。まだシーズンの半分にも満たない中、昨季15点で得点王に輝いた横浜の仲川、マルコス・ジュニオールに並んだ。それでも、エースは「得点はハードワークから生まれるが一人ではできない。チームメートのおかげ。これからも、支え合って得点を続けたい」と謙虚だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月10日のニュース