【佐々木則夫の目】永里 技術、判断力は男子相手でも十分に通用 女子のプロ化にも刺激

[ 2020年9月10日 23:00 ]

永里優季 男子チーム・神奈川県2部「はやぶさイレブン」に期限付き移籍

はやぶさイレブンの入団会見に出席したFW永里優季(中央)。左は妹の亜紗乃、右は兄の源気
Photo By スポニチ

 女子が男子とサッカーをする場合、相手がハイパワー、ハイスピードで来た時にどれぐらいできるかが課題だろう。五分五分で落ちたボールを競り合ってもかなわないし、いいポジションを取っていても、速さと強さにはかなわない。そこが次元の違うところだが、永里はボールを扱う技術や体を入れてブロックする技術、判断力は十分に通用すると思う。相手の力を利用してブロックするところなどは実にうまい。

 なでしこジャパンでも合宿時に体格のいい米国や欧州の強豪対策として男子大学生や高校生と練習試合をしたが、相手が多少セーブしていたにしても通用していた。それにしても、永里らしいチャレンジだと思う。体の鍛え方や技術面などストイックで探究心があり、いつも前向きだ。米国や欧州でのプレーで大きい相手との戦い方も学んでいる。ファウルされても淡々としているし、判定にも文句を言わないところなどメンタル的に素晴らしいところも多い。レギュラーを獲れるかどうかで自分の成長も確認できる。女子のプロ化にもいい刺激になると思うのでぜひ頑張ってほしい。(スポニチ本紙評論家、前なでしこジャパン監督)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月10日のニュース