ユベントスFWイグアイン 米MLSインテル・マイアミ移籍が決定的、伊紙報道

[ 2020年9月10日 21:00 ]

ユベントスFWのイグアイン(AP)
Photo By AP

 イタリア紙の「トゥット・スポルト」(電子版)は10日、ユベントスのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(32)が米MLSインテル・マイアミに移籍することが決定的となったと報じた。両者は契約をあと1年残しているが、ユベントスがイグアインに年俸750万ユーロ(約9億4500万円)の約50%を支払って契約を解除することでほぼ合意。イグアインは10日にも契約解除に正式サインする見通しで、その日のうちにチームを離れることになるという。

 イグアインはアンドレア・ピルロ新監督(41)から構想外を通達され、移籍先を探していた。ナポリ所属時代の15~16年シーズンに36得点と圧倒的な決定力でリーグ得点王に輝いた実績もあり、セリエAの他クラブほかプレミアリーグからもオファーが殺到したというが、イグアインはそれを拒否。米MLS行きの意思を固めていた。

 インテル・マイアミは、フロリダ州マイアミをホームタウンに2018年に創設された新興クラブ。今年から25番目のクラブとして米MLSに参入し、共同オーナーとして元イングランド代表MFダビッド・ベッカム氏(45)や、ソフトバンクの孫正義氏(63)が名を連ねていることでも知られている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月10日のニュース