横浜、奇襲3バックで1分弾も連敗 DF松原「相手が迷っている段階で追加点を奪わなければ」

[ 2020年9月10日 05:30 ]

明治安田生命J1第15節   横浜1―2名古屋 ( 2020年9月9日    パロ瑞穂 )

名古屋に敗れた横浜Mイレブン(共同)
Photo By 共同

 横浜は3バックの新布陣で白星を狙ったが、2連敗した。ポステコグルー監督は「アグレッシブに、自分たちのサッカーを繰り広げられたら」と新システムを導入。

 これが奏功し、幸先よく開始1分でFWジュニオール・サントスが、7戦6発とする先制点を挙げた。だが、開始2分で先制した前節の川崎F戦に続き、またも逆転負け。DF松原は「相手が(3バックに)迷っている段階で、追加点を奪わなければいけなかった」と悔やんだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月10日のニュース