Cロナ、欧州史上初の快挙!代表100&101ゴ~ル 世界記録まであと「8」

[ 2020年9月10日 05:30 ]

欧州ネーションズL リーグA・3組   ポルトガル2―0スウェーデン ( 2020年9月8日 )

欧州初の快挙にガッツポーズするC・ロナウド(AP)
Photo By AP

 ポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウド(35=ユベントス)が史上2人目、欧州では初の国際Aマッチ100点超えを果たした。8日、欧州ネーションズリーグの最上位、リーグA・3組のスウェーデン戦で2ゴールを挙げ、2―0の勝利と開幕2連勝に貢献。欧州最多記録の代表通算得点を101に伸ばし、イラン代表FWアリ・ダエイの世界記録(109得点)まで8に迫った。

 コロナ禍を経て約10カ月ぶりの国際試合で、C・ロナウドが新たな金字塔を打ち立てた。欧州で初の100点超えを果たし、自身のSNSには「とても誇りに思う。ポルトガル代表で101ゴール」と喜びを記した。

 右かかとを蜂に刺され、5日のクロアチア戦を欠場した影響を見せずに2得点。前半終了間際に約25メートルの直接FKを左上に突き刺すと、後半27分にはペナルティーエリア外から少し浮かせたミドル弾を右隅に決めた。

 03年に18歳でA代表デビュー。04年の初得点から、これで17年連続得点となった。通算165試合101点で1試合平均0・61点だが、16年以降は42試合46点で同1・10点。ストライカーとしての決定力は年齢とともに磨きがかかっている。

 ダエイ(イラン)が持つ世界記録にあと8点に迫り「100点突破の次は(世界)記録だ。俺の記録は自然にやってくる」とC・ロナウド。衰え知らずの背番号7は来年に延期された欧州選手権、37歳で迎える22年のW杯カタール大会でも活躍が期待できそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月10日のニュース