サラゴサ香川、カタールから「重要な獲得オファー届く」地元ニュースサイト報じる

[ 2020年9月11日 00:02 ]

スペイン2部サラゴサの香川真司
Photo By スポニチ

 スペインメディアで移籍の可能性が浮上しているスペイン2部サラゴサのMF香川真司(31)について、地元ニュースサイトのデスマルケは9日、本人が残留を熱望していると報じた。

 香川の去就について「将来はまだ不透明」と現状を伝えた上で、「少なくとも1つは、カタールから重要な獲得オファーが届いているが、香川の希望は明確。スペインリーグでプレーし続けることだ」とスペイン国外へ移籍する意思がないと指摘した。

 同日付の地元紙エラルド(電子版)は、サラゴサが財政面とEU外選手枠の問題から香川の放出を望んでいると伝えていた。

 香川は昨夏にドルトムント(ドイツ)から2年契約で加入。契約はあと1年残っている。5日に日本からスペインへ戻り、8日から練習に合流した。

 スペイン2部は12日に開幕。サラゴサは8月に延期された昇格プレーオフに出場したことを考慮されて、今季初戦は27日のラスパルマス戦となっている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月10日のニュース