Jリーグ、段階的緩和へまずは「収容30%」設定

[ 2020年9月9日 05:30 ]

WEB会見に臨んだ村井チェアマン

 Jリーグの村井チェアマンは自主基準として「収容30%」を設定し、当面は段階的な緩和を目指す方針を示した。「2万人の基準を示していただければ裁量範囲は広がるが、安全管理を見極めながら増やすステップを踏みたい。Jリーグの自主基準で言いますと(主に大規模スタジアムでは)まず30%から始め、段階的に2万人を目指したい」。

 例えば5万人規模なら1万5000人動員を目指す。またアウェー席、アルコール類販売などはクラブ側の入場者数緩和への対応を最優先し1ステップ置いてから解禁する意向。制限緩和の導入時期は「政府の判断に委ねる。認められれば9月中の対応も準備はできている」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月9日のニュース