柏・オルンガ 今季得点ランクトップの15点目、シーズン半分以下で昨季のJ1得点王に並んだ

[ 2020年9月9日 21:42 ]

明治安田生命J1第15節   柏3―0G大阪 ( 2020年9月9日    三協F柏 )

<柏・G大阪>前半、柏・オルンガはゴールを決める(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 J1柏はホームでG大阪を3―0で下した。公式戦3試合ぶりに先発出場したケニア代表FWオルンガ(26)が、前半2分に先制弾をたたき込むなど得点ランクトップの15点目。開始早々からの素早い得点劇に「最初からハイプレスでいこうと話していた。素晴らしいパスから、得点を決めることができた」と振り返った。

 今季出場14試合にして15点目。まだシーズンの半分に満たない中、すでに昨季J1得点王のFW仲川輝人(横浜)らの15得点に並んだ。オルンガは「得点は一人ではできない。チームメートのおかげで生まれている。これからも仲間と支え合いながら、得点を続けていきたい」と先を見据えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月9日のニュース