ベイル ACミラン移籍の可能性が浮上 伊メディア報じる

[ 2020年9月9日 09:21 ]

レアルマドリードのウェールズ代表FWベイル(AP)
Photo By AP

 イタリアのテレビ局「メディアセット」(電子版)は8日、Rマドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイル(31)にACミラン移籍の可能性が浮上していると報じた。英国ブックメーカーがRマドリード退団が噂されるベイルの新天地を賭けの対象として予想。その中でACミランが有力候補に挙がっているという。それを受け同局はかねてACミランとRマドリードが良好な関係にあることを指摘した上で、ACミランが過去、Rマドリードの構想外の選手を獲得していることもありベイル移籍も十分にありえると強調した。

 ただ、同局によれば、移籍実現にはベイルの高額な年俸がネックになるとも指摘。Rマドリードとあと2年契約を残すベイルは現在、年俸は税抜き1500万ユーロ(約18億6000万円)。移籍の形がレンタルとなり、Rマドリードが年俸の支払いを半分負担してもACミランにとっては厳しい金額だとしている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月9日のニュース