G大阪 MF川崎修平 見せ場つくるも…「得点もアシストもない。悔しい」

[ 2020年9月9日 23:08 ]

明治安田生命J1リーグ第15節   G大阪0―3柏 ( 2020年9月9日    三協F柏 )

 完敗の中で何とか意地を見せたかった。トップデビューとなった仙台戦に続いて2試合連続出場となったG大阪のMF川崎修平(19)は「ゴールを取りにいけ、という指示だった。ゴールを取れれば流れが変わると思っていたけど…」と悔しい表情。それでも3点ビハインドの後半32分からの出場で同37分にはDF藤春に絶妙なスルーパスを通し、見せ場は作った。

 今季トップ昇格。U―23チームの一員としてJ3リーグでは13試合7得点と結果を残した。宮本監督も「また見たいと思うプレーだった」と仙台戦でのパフォーマンスを高く評価。全治8カ月の大ケガを負ったMF小野裕二の代役として期待を掛けている。

 ともに交代でピッチに入ったMF遠藤からは「失敗しても良いからドンドン仕掛けていけ」とアドバイスを受けたという。「ゴールもアシストも出なかったのが悔しい。もっと狙っていきたい」と川崎。次戦・湘南戦(13日、パナスタ)でチャンスを得れば、貪欲にJ1初得点を狙っていく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月9日のニュース